医療系専門学校について調べてみた 本文へジャンプ
医療系専門学校で留年 トホホの状態


医療系専門学校は留年しやすいかも
■医療系専門学校は留年がおおいらしい・・・

友達から聞いた話などで、医療系専門学校って留年しやすいの?とおもっているのですが、 たしかに、出てくるんですよね。たくさん。「ヤフー知恵袋」で「医療系専門学校 留年」で 検索すると。たとえばこういうのです。


アエラでも特集されていましたが医療系の専門学校って留年、退学率が高いらしいで...

こういうのを見て気を引き締めています。。甘くないですね。

■留年について、看護の専門学校に行っている先輩に聞きました

この間、看護専門学校に行っている先輩に話を聞きました。ちゃんとしないと難しいとの事です。 留年する人も結構いて、専門学校だけでなく、予備校にも通っている人もいるとの事です。こういう人は 留年しないためというより、国家資格に合格をするためにという意識で言っているのかと思いますが。 先輩は留年していませんが、「ガンバッテルよ」との事です。

■留年の裏側(先輩がいうには)

留年するって事は、勉強していなかったからって事なんですけど、学校側からしても 進学させても国家資格に受かる可能性が低くなって、学校の国家試験合格率にも響くし、 その後の学習にもついていけないから進学させないほうが良いという判断なのかもと言っていました。 進学させても学習についていけなかったら、その子もかわいそうだし。

それから、留年の人がでると、その分、その学校の受検倍率が高くなるらしい。 たとえば、1年生の人で10人留年の人がでたとする。でもその学校の定員は20人だったとすると(極端ですが) もう、新たに10人しか入れない。20人の受検応募があったら倍率2倍になってしまうらしい。 (※実際に電話したりして確かめたわけではありません。その先輩の学校だけかもしれません。あくまで「その先輩が言うには」で、 その情報源については聞いていなかったので噂話程度にきいてください。)


「え〜〜っ! そうなの?」って私は言ったわけですけど。。。

学校側からしたら、授業料は留年した人からちゃんともらうから問題ないのかな?って話して たんですけど、 新たに受検する私からしたらちゃんと進学してくれよ!と思うのです。

と、、教えてもらったら、あんまり高い倍率のところって実は留年の人多いんじゃないのって 思うようになりました。

う〜ん。。。なんか、国家試験合格率とか倍率とか断片的な数字で学校の良し悪しはもうわからないといった 印象です。最初は国家試験合格率がいいと、ちゃんとしてて、倍率が高いと人気があると思っていたのに。 だから、そういう色々聞いている中で、私は看護系専門学校を選ぶ方法を開発(笑)しました。 それがこのページです。開発というか・・・結局評判とか学校に足を運ぶに行き着くんですけどね^^;
イメージ






医療系専門学校を調べてみました